すべてのウェブサイト

Pragatiとはヒンディー語で「進歩」及び「発育」を意味します。

Pragatiの目標は、世界最大のトウゴマ生産地であるインドにおけるトウゴマ生産の強化です。持続可能な生産に向けてボトルネックとなる主な課題に対処するため、持続可能なトウゴマ栽培の規約SuCCESS®が創立メンバーによって開発されました。これにより、将来のトウゴマ供給安定性と農家の安全が確保されます。

持続可能なトウゴマ栽培プログラム

この取り組みは、生産能力の向上、栽培効率の改善や環境負荷低減といった項目に関するトレーニングを持続可能なトウゴマ規約SuCCESS®(www.castorsuccess.org 参照) に従って農家へ実施することにより推進され、その結果、トウゴマの効率的かつ生態学的に好ましい手法での栽培につながります。

またこのプログラムでは、トウゴマ栽培の技術と知識を高めたり、収入を向上させ、より良い健康と生活環境を確保するための学習教材を地元の農家に配布します。

certificate-ceremony-crop1467x482.jpg

プロジェクト第1弾に参加した農家の方々は、持続可能性の認定を受けました

プロジェクトの特徴
ポリマーに最適な再生可能原料としてのトウゴマ作物が備える主な特徴

 

  • 元来、干ばつへの耐性を持つ
  • インドでは森林破壊を引き起こさない
  • 食料・飼料と競合しない
  • 害虫に強い
  • 低投入・高収益型で、換金性の高い作物
  • 植え付け後4〜6ヶ月で収穫が可能
  • 主にインドのグジャラート州で栽培(世界の供給量の80%)
  • インドだけで約70万の農家が栽培に従事
  • 潤滑剤、コーティングや医薬品の原料としても使用されています

プロジェクトの主な実績

今日までの主なPragatiの成果:

  • 7,000人を超える農家がトレーニングに参加 (8,000時間以上の学科講習を含む)
  • グジャラート州北部の100以上の村の農家がプログラムに参加
  • 7,000ヘクタール以上のトウゴマ農地が持続的トウゴマ規約 SuCCESS® (www.castorsuccess.org) に沿って継続的に栽培され、累積面積は27,000ヘクタール以上
  • 7年目には、現地の地方自治体が公表している収穫高よりも36%高い収穫量を実現
  • 正確な計測と管理が行われているデモ区画内において水使用量を約21%削減

Pragatiのカタログですべての成果をご確認ください。

Pragati イニシアチブに参加した農家の方たちの話をさらに聞く

トウゴマ栽培全体の取り組みに加えて、Pragati イニシアチブの重要な目的の 1 つは、プログラムへの女性参加を増やし、女性が自分の農場を運営できるようにサポートとアドバイスを提供することです。

トウゴマ農家コミュニティの紹介

インドのグジャラート州の風景や農場を巡る旅に出かけましょう。 360° の景色を自由に探索し、美しい風景をお楽しみください。また、農家やその家族の声をお聞きください。

Top